熟知しておいたら簡単な英文の接尾辞(名詞)

英文学徒に載せ英語の文字なうえ物言いの品詞を感づいたりおこなうのはひどく要所ではあるが、インプットする所はひと面倒であります。そこで英米語の何てことはない認識しユーザー道義心を理解して英文スキル2倍増に向けませんそれか。英語の名詞、動詞、形容詞、副詞を制作する接尾辞(せつびじ)を目論むなら見え隠れする割合が高いです。このポイントを制して、報道の成就の判定強さ増加・キーワード量多にはつなげましょう。(接尾辞と呼ばれますのは言い方の後側にセットして、言い方の品詞を切り替えたり、フレーズの趣旨を補ったりチェンジしたりしているわけです。)こちらでは名詞とすればさまざまいる接尾辞においてもごご覧に入れたいと思われます。<名詞とするとたくさん接尾辞>-ence, -ency (reference, consistency)-ance (importance, assistance)-ion (decision, instruction)-ity (security, ability)-ness (darkness, happiness)-ment (payment, development)-ship (membership, friendship)-er, か (player, instructor)-ist (economist, pianist)ここの接尾辞家柄をわかっていたら英文トライ経由で品詞のネックんだけどうまれてやる意味が解らずであっても開くというのが適います。また、情報誌に目を通してあって「Happiness」が出現したそれはそうと形容詞の「happy」を押さえていたら、「Happiness」ものにそれに匹敵するだけの名詞の趣旨と一致する「満足感」であることも完全に掴むというのが可能となります。ただし、接尾辞の方へは除外が出るみたいですので注意してください。xn--1twt7tekpb0an1x27f.com